牛速報

牛速報(ぎゅうそくほう)にようこそ!くだらないニュースと2chでの戯言をまとめて記事にしてます。牛のようにまったりとした時間をどうぞ

    【映画】

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    1 muffin ★ 2018/05/21(月)
    ID:CAP_USER9.net

    第71回カンヌ国際映画祭の授賞式が現地時間19日にフランスで行われ、コンペティション部門に出品されていた是枝裕和監督作『万引き家族』が最高賞となるパルムドールを受賞する快挙を成し遂げた。日本人が受賞するのは1997年の今村昌平監督作『うなぎ』以来21年ぶり。

     是枝監督は、2001年に『DISTANCE/ディスタンス』で、同映画祭コンペ部門に初出品。2度目の出品となった2004年の『誰も知らない』で、柳楽優弥に史上最年少の男優賞獲得をもたらし、
    2013年に福山雅治が主演した『そして父になる』で審査員賞を受賞した。今回は『海街diary』(2015)から3年ぶり、5回目のコンペ出品となり、ついに最高賞の栄誉に輝いた。

    日本人監督としては、『地獄門』(1953)の衣笠貞之助、『影武者』(1980)の黒澤明、『楢山節考』(1983)、『うなぎ』(1997)の今村昌平に続き、史上4人目のパルムドール受賞者となる。

    『万引き家族』は、東京の片隅で暮らす、犯罪でつながったある一家の姿を通して、本当の家族の絆を問う人間ドラマ。是枝監督が、
    「この10年間考え続けてきたことを全部込めた」という渾身作で、リリー・フランキー、安藤サクラ、松岡茉優、樹木希林、子役の城桧吏と佐々木みゆが出演。日本では6月8日より全国公開される。

     日本からは、濱口竜介監督作『寝ても覚めても』(9月1日公開)もコンペ部門に出品されていたが惜しくも受賞を逃した。(編集部・入倉功一)

    第71回カンヌ国際映画祭の受賞結果は以下の通り。

    【パルムドール(最高賞)】
    『万引き家族』(日本) 是枝裕和監督

    【グランプリ】
    『ブラッククランズマン(原題) / Blackkklansman』(アメリカ) スパイク・リー監督

    【審査員賞】
    『カペナウム(原題) / Capharnaum』(レバノン) ナディーン・ラバキー監督

    【監督賞】
    パヴェウ・パヴリコフスキ監督 『コールド・ウォー(英題) / Cold War』(ポーランド、イギリス、フランス) 

    【男優賞】
    マルチェロ・フォンテ  『ドッグマン(原題) / Dogman』(イタリア、フランス)

    【女優賞】
    サマール・イェスリャーモワ  『アイカ(原題) / Ayka』(ロシア、ドイツ、ポーランド、カザフスタン)

    【脚本賞】
    アリーチェ・ロルヴァケル 『ハッピー・アズ・ラザロ(英題) / Happy As Lazzaro』(イタリア、スイス、フランス、ドイツ)
    ジャファール・パナヒ  『スリー・フェイシズ(原題) / 3 Faces』(イラン)

    【特別審査員賞】
    『イメージ・ブック(英題) / Image Book』(スイス) ジャン=リュック・ゴダール監督

    【短編コンペティション】
    パルムドール
    『オール・ジーズ・クリーチャーズ(原題) / All These creatures』(オーストラリア) チャールズ・ウィリアムズ監督

    https://www.cinematoday.jp/news/N0100948

    元画像URL:https://img.cinematoday.jp/a/N0100948/_size_640x/_v_1526753975/main.jpg:
    cm:こんなに簡単!店舗向けホームページがすぐ始められる「グーペ」
    no title


    元画像URL:https://img.cinematoday.jp/a/N0100948/_size_640x/_v_1526753975/1.jpg:

    no title



    1:2018/05/20(日) 03:24:16.27
    前スレ
    http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1526791408/
    16 名無しさん@恐縮です 2018/05/21(月)
    ID:SxGdNkNk0.net

    是枝作品全然見たことないけど見てみるかな
    66 名無しさん@恐縮です 2018/05/21(月)
    ID:UZyavG1N0.net

    映画の賞では

    巨匠や名監督が
    賞をとるという流れがあったと思うけど
    今はそういう巨匠や名監督が
    極端に少なくなったものな。

    アカデミー賞の候補みても、そういう大物・注目株の監督が
    激減している。たえず顔ぶれが変わっている。

    賞候補の定番の監督がすくなくなったということは
    人材が枯渇してきているということだ。

    アカデミー賞みても寂しい感じだものな。近年は。

    是枝が受賞したのは喜ばしいことだけど
    他の受賞者をみても小粒だなぁという印象はぬぐえない。
    113 名無しさん@恐縮です 2018/05/21(月)
    ID:UZyavG1N0.net

    だからさ

    映画文学音楽が
    サヨというなら

    経団連や日本会議 自民党清和会 維新の党が
    率先してそういう
    映画とかやればいいじゃないの。

    ニコニコ動画はまさにウヨ的なもんだよね。
    勢いは失速しつつあるけど。

    ニコニコからAbemaへ完全に流れは変わったなぁ。
    【【映画】是枝裕和『万引き家族』に最高賞パルムドール!日本人21年ぶり【第71回カンヌ国際映画祭】 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    1 muffin ★ 2018/05/20(日)
    ID:CAP_USER9.net

    第71回カンヌ国際映画祭の授賞式が現地時間19日にフランスで行われ、コンペティション部門に出品されていた是枝裕和監督作『万引き家族』が最高賞となるパルムドールを受賞する快挙を成し遂げた。日本人が受賞するのは1997年の今村昌平監督作『うなぎ』以来21年ぶり。

     是枝監督は、2001年に『DISTANCE/ディスタンス』で、同映画祭コンペ部門に初出品。2度目の出品となった2004年の『誰も知らない』で、柳楽優弥に史上最年少の男優賞獲得をもたらし、
    2013年に福山雅治が主演した『そして父になる』で審査員賞を受賞した。今回は『海街diary』(2015)から3年ぶり、5回目のコンペ出品となり、ついに最高賞の栄誉に輝いた。

    日本人監督としては、『地獄門』(1953)の衣笠貞之助、『影武者』(1980)の黒澤明、『楢山節考』(1983)、『うなぎ』(1997)の今村昌平に続き、史上4人目のパルムドール受賞者となる。

    『万引き家族』は、東京の片隅で暮らす、犯罪でつながったある一家の姿を通して、本当の家族の絆を問う人間ドラマ。是枝監督が、
    「この10年間考え続けてきたことを全部込めた」という渾身作で、リリー・フランキー、安藤サクラ、松岡茉優、樹木希林、子役の城桧吏と佐々木みゆが出演。日本では6月8日より全国公開される。

     日本からは、濱口竜介監督作『寝ても覚めても』(9月1日公開)もコンペ部門に出品されていたが惜しくも受賞を逃した。(編集部・入倉功一)

    第71回カンヌ国際映画祭の受賞結果は以下の通り。

    【パルムドール(最高賞)】
    『万引き家族』(日本) 是枝裕和監督

    【グランプリ】
    『ブラッククランズマン(原題) / Blackkklansman』(アメリカ) スパイク・リー監督

    【審査員賞】
    『カペナウム(原題) / Capharnaum』(レバノン) ナディーン・ラバキー監督

    【監督賞】
    パヴェウ・パヴリコフスキ監督 『コールド・ウォー(英題) / Cold War』(ポーランド、イギリス、フランス) 

    【男優賞】
    マルチェロ・フォンテ  『ドッグマン(原題) / Dogman』(イタリア、フランス)

    【女優賞】
    サマール・イェスリャーモワ  『アイカ(原題) / Ayka』(ロシア、ドイツ、ポーランド、カザフスタン)

    【脚本賞】
    アリーチェ・ロルヴァケル 『ハッピー・アズ・ラザロ(英題) / Happy As Lazzaro』(イタリア、スイス、フランス、ドイツ)
    ジャファール・パナヒ  『スリー・フェイシズ(原題) / 3 Faces』(イラン)

    【特別審査員賞】
    『イメージ・ブック(英題) / Image Book』(スイス) ジャン=リュック・ゴダール監督

    【短編コンペティション】
    パルムドール
    『オール・ジーズ・クリーチャーズ(原題) / All These creatures』(オーストラリア) チャールズ・ウィリアムズ監督

    https://www.cinematoday.jp/news/N0100948

    元画像URL:https://img.cinematoday.jp/a/N0100948/_size_640x/_v_1526753975/main.jpg:
    cm:やばい!!高速サーバーが必要だ!
    no title


    元画像URL:https://img.cinematoday.jp/a/N0100948/_size_640x/_v_1526753975/1.jpg:

    no title



    1:2018/05/20(日) 03:24:16.27
    前スレ
    http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1526766852/
    40 名無しさん@恐縮です 2018/05/20(日)
    ID:l9U0AIJ+0.net

    >>1
    「万引き」を美化するなんてあり得ないだろ。

    少しは、万引きに困ってる店側のことも考えろや。
    29 名無しさん@恐縮です 2018/05/20(日)
    ID:uuBX9gmB0.net

    すげーな一番格が高い賞なんじゃないの?
    どうせつまらん映画なんだろうけどさ
    30 名無しさん@恐縮です 2018/05/20(日)
    ID:0Ee733UB0.net

    誰が見るんだこんな映画
    【【映画】是枝裕和『万引き家族』に最高賞パルムドール!日本人21年ぶり【第71回カンヌ国際映画祭】 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    1 ゴアマガラ ★ 2018/05/20(日)
    ID:CAP_USER9.net

    第71回カンヌ国際映画祭の授賞式が現地時間19日にフランスで行われ、コンペティション部門に出品されていた是枝裕和監督作『万引き家族』が最高賞となるパルムドールを受賞する快挙を成し遂げた。日本人が受賞するのは1997年の今村昌平監督作『うなぎ』以来21年ぶり。

     是枝監督は、2001年に『DISTANCE/ディスタンス』で、同映画祭コンペ部門に初出品。2度目の出品となった2004年の『誰も知らない』で、柳楽優弥に史上最年少の男優賞獲得をもたらし、
    2013年に福山雅治が主演した『そして父になる』で審査員賞を受賞した。今回は『海街diary』(2015)から3年ぶり、5回目のコンペ出品となり、ついに最高賞の栄誉に輝いた。

    日本人監督としては、『地獄門』(1953)の衣笠貞之助、『影武者』(1980)の黒澤明、『楢山節考』(1983)、『うなぎ』(1997)の今村昌平に続き、史上4人目のパルムドール受賞者となる。

    『万引き家族』は、東京の片隅で暮らす、犯罪でつながったある一家の姿を通して、本当の家族の絆を問う人間ドラマ。是枝監督が、
    「この10年間考え続けてきたことを全部込めた」という渾身作で、リリー・フランキー、安藤サクラ、松岡茉優、樹木希林、子役の城桧吏と佐々木みゆが出演。日本では6月8日より全国公開される。

     日本からは、濱口竜介監督作『寝ても覚めても』(9月1日公開)もコンペ部門に出品されていたが惜しくも受賞を逃した。(編集部・入倉功一)

    第71回カンヌ国際映画祭の受賞結果は以下の通り。

    【パルムドール(最高賞)】
    『万引き家族』(日本) 是枝裕和監督

    【グランプリ】
    『ブラッククランズマン(原題) / Blackkklansman』(アメリカ) スパイク・リー監督

    【審査員賞】
    『カペナウム(原題) / Capharnaum』(レバノン) ナディーン・ラバキー監督

    【監督賞】
    パヴェウ・パヴリコフスキ監督 『コールド・ウォー(英題) / Cold War』(ポーランド、イギリス、フランス) 

    【男優賞】
    マルチェロ・フォンテ  『ドッグマン(原題) / Dogman』(イタリア、フランス)

    【女優賞】
    サマール・イェスリャーモワ  『アイカ(原題) / Ayka』(ロシア、ドイツ、ポーランド、カザフスタン)

    【脚本賞】
    アリーチェ・ロルヴァケル 『ハッピー・アズ・ラザロ(英題) / Happy As Lazzaro』(イタリア、スイス、フランス、ドイツ)
    ジャファール・パナヒ  『スリー・フェイシズ(原題) / 3 Faces』(イラン)

    【特別審査員賞】
    『イメージ・ブック(英題) / Image Book』(スイス) ジャン=リュック・ゴダール監督

    【短編コンペティション】
    パルムドール
    『オール・ジーズ・クリーチャーズ(原題) / All These creatures』(オーストラリア) チャールズ・ウィリアムズ監督

    https://www.cinematoday.jp/news/N0100948

    元画像URL:https://img.cinematoday.jp/a/N0100948/_size_640x/_v_1526753975/main.jpg:
    cm:ホームページ作成サービス「グーペ」を使うと。。。
    no title


    元画像URL:https://img.cinematoday.jp/a/N0100948/_size_640x/_v_1526753975/1.jpg:

    no title



    1:2018/05/20(日) 03:24:16.27
    前スレ
    http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1526754256/
    10 名無しさん@恐縮です 2018/05/20(日)
    ID:QZZds5HE0.net

    こいつの映画どれも絶妙に暗いねん
    48 名無しさん@恐縮です 2018/05/20(日)
    ID:3ShyOJgM0.net

    うなぎって面白かったか?
    367 名無しさん@恐縮です 2018/05/20(日)
    ID:pCWSH8OH0.net

    グランプリとパルムドールの違いが分からんな
    【【映画】是枝弘和『万引き家族』に最高賞パルムドール!日本人21年ぶり【第71回カンヌ国際映画祭】 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    1 muffin ★ 2018/05/20(日)
    ID:CAP_USER9.net

    第71回カンヌ国際映画祭の授賞式が現地時間19日にフランスで行われ、コンペティション部門に出品されていた是枝裕和監督作『万引き家族』が最高賞となるパルムドールを受賞する快挙を成し遂げた。日本人が受賞するのは1997年の今村昌平監督作『うなぎ』以来21年ぶり。

     是枝監督は、2001年に『DISTANCE/ディスタンス』で、同映画祭コンペ部門に初出品。2度目の出品となった2004年の『誰も知らない』で、柳楽優弥に史上最年少の男優賞獲得をもたらし、
    2013年に福山雅治が主演した『そして父になる』で審査員賞を受賞した。今回は『海街diary』(2015)から3年ぶり、5回目のコンペ出品となり、ついに最高賞の栄誉に輝いた。

    日本人監督としては、『地獄門』(1953)の衣笠貞之助、『影武者』(1980)の黒澤明、『楢山節考』(1983)、『うなぎ』(1997)の今村昌平に続き、史上4人目のパルムドール受賞者となる。

    『万引き家族』は、東京の片隅で暮らす、犯罪でつながったある一家の姿を通して、本当の家族の絆を問う人間ドラマ。是枝監督が、
    「この10年間考え続けてきたことを全部込めた」という渾身作で、リリー・フランキー、安藤サクラ、松岡茉優、樹木希林、子役の城桧吏と佐々木みゆが出演。日本では6月8日より全国公開される。

     日本からは、濱口竜介監督作『寝ても覚めても』(9月1日公開)もコンペ部門に出品されていたが惜しくも受賞を逃した。(編集部・入倉功一)

    第71回カンヌ国際映画祭の受賞結果は以下の通り。

    【パルムドール(最高賞)】
    『万引き家族』(日本) 是枝裕和監督

    【グランプリ】
    『ブラッククランズマン(原題) / Blackkklansman』(アメリカ) スパイク・リー監督

    【審査員賞】
    『カペナウム(原題) / Capharnaum』(レバノン) ナディーン・ラバキー監督

    【監督賞】
    パヴェウ・パヴリコフスキ監督 『コールド・ウォー(英題) / Cold War』(ポーランド、イギリス、フランス) 

    【男優賞】
    マルチェロ・フォンテ  『ドッグマン(原題) / Dogman』(イタリア、フランス)

    【女優賞】
    サマール・イェスリャーモワ  『アイカ(原題) / Ayka』(ロシア、ドイツ、ポーランド、カザフスタン)

    【脚本賞】
    アリーチェ・ロルヴァケル 『ハッピー・アズ・ラザロ(英題) / Happy As Lazzaro』(イタリア、スイス、フランス、ドイツ)
    ジャファール・パナヒ  『スリー・フェイシズ(原題) / 3 Faces』(イラン)

    【特別審査員賞】
    『イメージ・ブック(英題) / Image Book』(スイス) ジャン=リュック・ゴダール監督

    【短編コンペティション】
    パルムドール
    『オール・ジーズ・クリーチャーズ(原題) / All These creatures』(オーストラリア) チャールズ・ウィリアムズ監督

    https://www.cinematoday.jp/news/N0100948

    元画像URL:https://img.cinematoday.jp/a/N0100948/_size_640x/_v_1526753975/main.jpg:
    cm:お店のサイトをもっと簡単にカッコよくしたいと思ってる方にオススメです
    no title


    元画像URL:https://img.cinematoday.jp/a/N0100948/_size_640x/_v_1526753975/1.jpg:
    cm:ホームページ作成サービス「グーペ」を使うと。。。
    no title



    1:2018/05/20(日) 03:24:16.27
    前スレ
    http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1526778214/
    14 名無しさん@恐縮です 2018/05/20(日)
    ID:c+UypgEB0.net

    シェイムレスみたいなハチャメチャ家族じゃなくてジメジメした映画なのか?
    24 名無しさん@恐縮です 2018/05/20(日)
    ID:J2rQAEtO0.net

    是枝の映画いっこもみてないな
    28 名無しさん@恐縮です 2018/05/20(日)
    ID:EN5t7cvf0.net

    こいつチャラくてキライ
    レンタルもしたことない
    【【映画】是枝裕和『万引き家族』に最高賞パルムドール!日本人21年ぶり【第71回カンヌ国際映画祭】 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    1 ゴアマガラ ★ 2018/05/20(日)
    ID:CAP_USER9.net

    第71回カンヌ国際映画祭の授賞式が現地時間19日にフランスで行われ、コンペティション部門に出品されていた是枝裕和監督作『万引き家族』が最高賞となるパルムドールを受賞する快挙を成し遂げた。日本人が受賞するのは1997年の今村昌平監督作『うなぎ』以来21年ぶり。

     是枝監督は、2001年に『DISTANCE/ディスタンス』で、同映画祭コンペ部門に初出品。2度目の出品となった2004年の『誰も知らない』で、柳楽優弥に史上最年少の男優賞獲得をもたらし、
    2013年に福山雅治が主演した『そして父になる』で審査員賞を受賞した。今回は『海街diary』(2015)から3年ぶり、5回目のコンペ出品となり、ついに最高賞の栄誉に輝いた。

    日本人監督としては、『地獄門』(1953)の衣笠貞之助、『影武者』(1980)の黒澤明、『楢山節考』(1983)、『うなぎ』(1997)の今村昌平に続き、史上4人目のパルムドール受賞者となる。

    『万引き家族』は、東京の片隅で暮らす、犯罪でつながったある一家の姿を通して、本当の家族の絆を問う人間ドラマ。是枝監督が、
    「この10年間考え続けてきたことを全部込めた」という渾身作で、リリー・フランキー、安藤サクラ、松岡茉優、樹木希林、子役の城桧吏と佐々木みゆが出演。日本では6月8日より全国公開される。

     日本からは、濱口竜介監督作『寝ても覚めても』(9月1日公開)もコンペ部門に出品されていたが惜しくも受賞を逃した。(編集部・入倉功一)

    第71回カンヌ国際映画祭の受賞結果は以下の通り。

    【パルムドール(最高賞)】
    『万引き家族』(日本) 是枝裕和監督

    【グランプリ】
    『ブラッククランズマン(原題) / Blackkklansman』(アメリカ) スパイク・リー監督

    【審査員賞】
    『カペナウム(原題) / Capharnaum』(レバノン) ナディーン・ラバキー監督

    【監督賞】
    パヴェウ・パヴリコフスキ監督 『コールド・ウォー(英題) / Cold War』(ポーランド、イギリス、フランス) 

    【男優賞】
    マルチェロ・フォンテ  『ドッグマン(原題) / Dogman』(イタリア、フランス)

    【女優賞】
    サマール・イェスリャーモワ  『アイカ(原題) / Ayka』(ロシア、ドイツ、ポーランド、カザフスタン)

    【脚本賞】
    アリーチェ・ロルヴァケル 『ハッピー・アズ・ラザロ(英題) / Happy As Lazzaro』(イタリア、スイス、フランス、ドイツ)
    ジャファール・パナヒ  『スリー・フェイシズ(原題) / 3 Faces』(イラン)

    【特別審査員賞】
    『イメージ・ブック(英題) / Image Book』(スイス) ジャン=リュック・ゴダール監督

    【短編コンペティション】
    パルムドール
    『オール・ジーズ・クリーチャーズ(原題) / All These creatures』(オーストラリア) チャールズ・ウィリアムズ監督

    https://www.cinematoday.jp/news/N0100948

    元画像URL:https://img.cinematoday.jp/a/N0100948/_size_640x/_v_1526753975/main.jpg:

    no title


    元画像URL:https://img.cinematoday.jp/a/N0100948/_size_640x/_v_1526753975/1.jpg:
    cm:やばい!!高速サーバーが必要だ!
    no title



    1:2018/05/20(日) 03:24:16.27
    前スレ
    http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1526759879/
    22 名無しさん@恐縮です 2018/05/20(日)
    ID:nWg/Xyfs0.net

    いくら積んだの?
    24 名無しさん@恐縮です 2018/05/20(日)
    ID:fFDaTyO50.net

    バカはバカなんだから文句つけてないで
    日本の現実から目を背けてヒルナンデスや深夜アニメでも見てろよバーカ
    33 名無しさん@恐縮です 2018/05/20(日)
    ID:Psuu81Uh0.net

    慰安婦映画はよ
    【【映画】是枝裕和『万引き家族』に最高賞パルムドール!日本人21年ぶり【第71回カンヌ国際映画祭】 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    1 ゴアマガラ ★ 2018/05/20(日)
    ID:CAP_USER9.net

    第71回カンヌ国際映画祭の授賞式が現地時間19日にフランスで行われ、コンペティション部門に出品されていた是枝裕和監督作『万引き家族』が最高賞となるパルムドールを受賞する快挙を成し遂げた。日本人が受賞するのは1997年の今村昌平監督作『うなぎ』以来21年ぶり。

     是枝監督は、2001年に『DISTANCE/ディスタンス』で、同映画祭コンペ部門に初出品。2度目の出品となった2004年の『誰も知らない』で、柳楽優弥に史上最年少の男優賞獲得をもたらし、
    2013年に福山雅治が主演した『そして父になる』で審査員賞を受賞した。今回は『海街diary』(2015)から3年ぶり、5回目のコンペ出品となり、ついに最高賞の栄誉に輝いた。

    日本人監督としては、『地獄門』(1953)の衣笠貞之助、『影武者』(1980)の黒澤明、『楢山節考』(1983)、『うなぎ』(1997)の今村昌平に続き、史上4人目のパルムドール受賞者となる。

    『万引き家族』は、東京の片隅で暮らす、犯罪でつながったある一家の姿を通して、本当の家族の絆を問う人間ドラマ。是枝監督が、
    「この10年間考え続けてきたことを全部込めた」という渾身作で、リリー・フランキー、安藤サクラ、松岡茉優、樹木希林、子役の城桧吏と佐々木みゆが出演。日本では6月8日より全国公開される。

     日本からは、濱口竜介監督作『寝ても覚めても』(9月1日公開)もコンペ部門に出品されていたが惜しくも受賞を逃した。(編集部・入倉功一)

    第71回カンヌ国際映画祭の受賞結果は以下の通り。

    【パルムドール(最高賞)】
    『万引き家族』(日本) 是枝裕和監督

    【グランプリ】
    『ブラッククランズマン(原題) / Blackkklansman』(アメリカ) スパイク・リー監督

    【審査員賞】
    『カペナウム(原題) / Capharnaum』(レバノン) ナディーン・ラバキー監督

    【監督賞】
    パヴェウ・パヴリコフスキ監督 『コールド・ウォー(英題) / Cold War』(ポーランド、イギリス、フランス) 

    【男優賞】
    マルチェロ・フォンテ  『ドッグマン(原題) / Dogman』(イタリア、フランス)

    【女優賞】
    サマール・イェスリャーモワ  『アイカ(原題) / Ayka』(ロシア、ドイツ、ポーランド、カザフスタン)

    【脚本賞】
    アリーチェ・ロルヴァケル 『ハッピー・アズ・ラザロ(英題) / Happy As Lazzaro』(イタリア、スイス、フランス、ドイツ)
    ジャファール・パナヒ  『スリー・フェイシズ(原題) / 3 Faces』(イラン)

    【特別審査員賞】
    『イメージ・ブック(英題) / Image Book』(スイス) ジャン=リュック・ゴダール監督

    【短編コンペティション】
    パルムドール
    『オール・ジーズ・クリーチャーズ(原題) / All These creatures』(オーストラリア) チャールズ・ウィリアムズ監督

    https://www.cinematoday.jp/news/N0100948

    元画像URL:https://img.cinematoday.jp/a/N0100948/_size_640x/_v_1526753975/main.jpg:

    no title


    元画像URL:https://img.cinematoday.jp/a/N0100948/_size_640x/_v_1526753975/1.jpg:
    cm:ホームページ作成サービス「グーペ」を使うと。。。
    no title

    10 名無しさん@恐縮です 2018/05/20(日)
    ID:MONPtqXg0.net

    >>1
    是枝とか万引き家族の良し悪し知らんけど実際どうなの?
    過大評価?妥当?受賞遅いくらい?
    40 名無しさん@恐縮です 2018/05/20(日)
    ID:XSQR9mEo0.net

    【芸能】 「日本が歴史を認めない根っこには家族崩壊がある。アジア近隣諸国に申し訳ない」…是枝裕和監督インタビュー★2[05/17]
    http://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1526550930/
    51 名無しさん@恐縮です 2018/05/20(日)
    ID:9KpjfdWJ0.net

    細野さんの映画音楽も早く聴いてみたい
    【【映画】是枝弘和『万引き家族』に最高賞パルムドール!日本人21年ぶり【第71回カンヌ国際映画祭】 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    1 Egg ★ 2018/05/19(土)
    ID:CAP_USER9.net

    阿部寛の主演映画「のみとり侍」(鶴橋康夫監督)が18日から全国の劇場で上映されている。

    同作は主人公のエリート藩士・小林寛之進(阿部)が藩主の怒りを買い、のみとり稼業に転身。
    表向きの仕事は猫の“のみ取り”だが、その実態は女性の「お相手」をするという裏稼業で、寛之進の奮闘ぶりが描かれている。

    「寛之進が女性の喜ばせ方のテクニックを学びながら奮闘するんですが、阿部さんは初めてのお相手・おみねを演じた寺島しのぶと濃厚な濡れ場を繰り広げています。
    寺島といえば、鶴橋監督作品の『愛の流刑地』(07年公開)でも豊川悦司相手に激しい濡れ場を演じています」(映画ライター)

    そして、その脱ぎっぷりが話題になっているのが、フランスで開催中の「第71回カンヌ国際映画祭」で、
    最高賞の「パルムドール」を競う「コンペティション部門」に出品されている「万引き家族」(是枝裕和監督)の安藤サクラだという。

    「昨年6月に女児を出産。そこから体を絞ったりせずに撮影に臨んだそうですが、夫役を演じたリリー・フランキーと堂々たる濡れ場を演じています。
    撮影後、朝ドラヒロインの仕事が来たので、問題なかったようです」(同前)

    寺島、安藤ともにその高い演技力は知れ渡っているが、若手女優の中から2人の“後継者”の誕生が期待されるというのだ。

    「とりあえず、なかなか“脱げる女優”がいません。脱ぐことにより、出演できる作品の幅も広がります。若手の中では唯一、二階堂ふみが事務所もNGを出さずに濡れ場もOK。
    とはいえ、もっと名前のある女優陣にも思い切って脱いでほしいものです」(芸能記者)

    寺島と安藤を脅かす存在が出現すれば、ほかの女優にとっても刺激になりそうだ。

    リアルライブ 2018年05月18日 21時30分
    https://npn.co.jp/article/detail/52797361/

    写真
    元画像URL:https://images.npn.co.jp/article/1/2/61/52797361.jpg:

    no title



    2018/05/19(土) 05:33:47.68
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1526689436/
    10 名無しさん@恐縮です 2018/05/19(土)
    ID:qbJ39my30.net

    菅野美穂は濡れ場ないん?
    53 名無しさん@恐縮です 2018/05/19(土)
    ID:TOdCMy6J0.net

    もはや脱いだからって見に行く時代でもないのでは
    88 名無しさん@恐縮です 2018/05/19(土)
    ID:7eEfHilk0.net

    そもそも最初からAVに行く「女優」さんてのは、たいてい短期間で大金を稼ぐためだったりする
    また、仮に「おまえの娘、脱いでんだろ?」と言われてもAVなら「おまえだって何見てんだよw」と言い返せる
    映画ではそういうわけにいかないからね
    【【映画】<“脱げる女優”待望論>日本映画界が直面している深刻な問題とは? 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    1 Egg ★ 2018/05/19(土)
    ID:CAP_USER9.net

    阿部寛の主演映画「のみとり侍」(鶴橋康夫監督)が18日から全国の劇場で上映されている。

    同作は主人公のエリート藩士・小林寛之進(阿部)が藩主の怒りを買い、のみとり稼業に転身。
    表向きの仕事は猫の“のみ取り”だが、その実態は女性の「お相手」をするという裏稼業で、寛之進の奮闘ぶりが描かれている。

    「寛之進が女性の喜ばせ方のテクニックを学びながら奮闘するんですが、阿部さんは初めてのお相手・おみねを演じた寺島しのぶと濃厚な濡れ場を繰り広げています。
    寺島といえば、鶴橋監督作品の『愛の流刑地』(07年公開)でも豊川悦司相手に激しい濡れ場を演じています」(映画ライター)

    そして、その脱ぎっぷりが話題になっているのが、フランスで開催中の「第71回カンヌ国際映画祭」で、
    最高賞の「パルムドール」を競う「コンペティション部門」に出品されている「万引き家族」(是枝裕和監督)の安藤サクラだという。

    「昨年6月に女児を出産。そこから体を絞ったりせずに撮影に臨んだそうですが、夫役を演じたリリー・フランキーと堂々たる濡れ場を演じています。
    撮影後、朝ドラヒロインの仕事が来たので、問題なかったようです」(同前)

    寺島、安藤ともにその高い演技力は知れ渡っているが、若手女優の中から2人の“後継者”の誕生が期待されるというのだ。

    「とりあえず、なかなか“脱げる女優”がいません。脱ぐことにより、出演できる作品の幅も広がります。若手の中では唯一、二階堂ふみが事務所もNGを出さずに濡れ場もOK。
    とはいえ、もっと名前のある女優陣にも思い切って脱いでほしいものです」(芸能記者)

    寺島と安藤を脅かす存在が出現すれば、ほかの女優にとっても刺激になりそうだ。

    リアルライブ 2018年05月18日 21時30分
    https://npn.co.jp/article/detail/52797361/

    写真
    元画像URL:https://images.npn.co.jp/article/1/2/61/52797361.jpg:

    no title



    2018/05/19(土) 05:33:47.68
    http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1526675627/
    427 名無しさん@恐縮です 2018/05/19(土)
    ID:tLrLJNNL0.net

    >>1
    これ、自分も変だと思ってた
    なんか、急に脱がない女優のほうがランク高いって言い出して
    女優は脱がないことが前提になったんだけど、おかしいよ
    女優は「女」と「人生」を演じてナンボだしそれが仕事だし
    だからこそ、OLよりも高い金をもらい、きれいに装ってもらってちやほやされるんであってさ
    小説でも漫画でも実写でも物語に脱ぐ必要があれば脱いで当然だと思う
    いまどきの女優は濡れ場=AVだとでも思っているのが頭悪い証拠
    AVはセックスを見せるのが仕事で映画やドラマのセックスシーンとは別モンじゃん
    実際、求められる演技力って女優とAV女優とは違うし
    だから、AV界から普通の芸能界に進出できるAV女優ってすごいと思うけど
    959 名無しさん@恐縮です 2018/05/19(土)
    ID:ZCIoEIhh0.net

    >>1
    脱げる女優といえば寺島しのぶと思って、スレ開いたら名前がwww
    52 名無しさん@恐縮です 2018/05/19(土)
    ID:+b2ILCWw0.net

    別に脱がないのはいいんだけど、脱がない人は濡れ場のあるような役を受けないでくれ
    レイプされてるのにブラジャー死守とか激しい濡れ場!だけどパジャマは乱れないとか鬱陶しい
    【【映画】<“脱げる女優”待望論>日本映画界が直面している深刻な問題とは? 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    1 ストラト ★ 2018/05/14(月)
    ID:CAP_USER9.net

    ミュージシャンでタレントのDAIGO(40)が、トム・クルーズ主演の人気シリーズ最新作「ミッション:インポッシブル/フォールアウト」の日本語吹替版声優を務めることが発表され、ネット上で物議をかもしている。

    同映画の公式サイトは14日、トム・クルーズ演じるイーサン・ハントの前に立ちはだかるライバルの敏腕CIAエージェント、オーガスト・ウォーカー役(ヘンリー・カヴィル)の日本語吹替版声優にDAIGOが決定したと発表。
    ネット上で話題となり、ツイッターでは「DAIGO」がトレンド入りした。

    DAIGOは08年公開の米アクション映画「ウォンテッド」でジェームズ・マカヴォイ演じる主人公の日本語吹替版声優に初挑戦したが、これが賛否を呼んだ。
    同作がテレビ放送された14年にもネット上で酷評され、その反響に自身もツイッターで「とりあえずちょっと旅にでるので、ぼくを探さないでください…」と自虐していた。

    そうした過去があるだけに、今回の吹替版声優決定にネット上では「なぜDAIGO…」「DAIGOの吹き替え…確か棒読みだった気が」「DAIGO…。ウォンテッドのことまだ忘れたわけじゃないからな…」と困惑気味。
    一方、起用されたDAIGOに同情する声もあがった。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180514-00208343-nksports-ent

    「ミッション:インポッシブル/フォールアウト」 DAIGOと広瀬アリスが日本語吹替え版声優に起用
    元画像URL:http://pbs.twimg.com/media/DdGU6B0V4AAUEkb.jpg:

    no title

    17 名無しさん@恐縮です 2018/05/14(月)
    ID:jZgCi0NR0.net

    クセがすごいんじゃ
    21 名無しさん@恐縮です 2018/05/14(月)
    ID:3b6+hYMh0.net

    聞いたことないけどそんなに下手なのかw
    621 名無しさん@恐縮です 2018/05/17(木)
    ID:Z0zHSZ0H0.net

    >>21
    どこかで指摘してたけど昔のHotPepperのアテレコのCMぽい。

    【【映画】DAIGOの「M:I」吹替版声優起用が物議「ウォンテッドのことまだ忘れたわけじゃないからな…」 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    1 muffin ★ 2018/05/15(火)
    ID:CAP_USER9.net

    https://www.crank-in.net/news/55978/1
    2018年5月15日 05時00分

     藤原竜也が主演を務め、蜷川実花がメガホンを取るサスペンスエンターテイメント映画『Diner ダイナー』の製作が決定。蜷川幸雄氏の演出によって芸能界デビューを果たし“まな弟子”として多くの作品に出演した藤原と、幸雄氏の愛娘・蜷川監督の初タッグが実現する。

    原作は、映像化不可能と言われた平山夢明による小説『ダイナー』(ポプラ社「ポプラ文庫」)。一人ぼっちで人生どん底…ほんの出来心で怪しいサイトのバイトに手を出したばかりに、一瞬で普通の生活から転落したオオバカナコ。カナコは一筋縄ではいかない凶悪な殺し屋たちが集まる殺し屋専用のダイナーに売られ、ウェイトレスとして働くこととなる。

     カナコが売られたダイナーの店主と名乗る、天才シェフであり元殺し屋のボンベロを演じる藤原は「実花さんは不思議な魅力をもっている監督さんです。全てをさらけ出し監督と対峙して1カット1カット作り上げております。僕の中でも異質な映画であり、キャラクターも独特なので、模索しながら、役に向き合っています」とコメント。料理については、「中々難しいですが、上手く監督が撮ってくれれば嬉しいです(笑)」と話している。

     写真家としても知られる蜷川監督は「いつか竜也と一緒に仕事をするなら、大きな作品で魂をかけた仕事をしたいと思っていました。この作品のお話をいただいた時これだと確信しました」と回想。また「竜也はさすがです。圧倒的な安心感と新しい驚きを同時に与えてくれます。まだ誰も見たことがない、新しいエンターテイメント作品が出来ると日々実感しています」と手応えをのぞかせた。

     また原作者の平山も「まさか自分の小説を原作に蜷川実花さんが監督をし、藤原竜也さんが主演してくださるとは未だに信じられない。これは同時に蜷川幸雄先生の愛娘、愛弟子による真剣勝負の舞台に本作が選ばれたことも意味しているのだ」と喜びの声を寄せている。

     映画『Diner ダイナー』は2019年に全国公開。

    『Diner ダイナー』メイキング写真
    元画像URL:https://www.crank-in.net/img/db/1249998_650.jpg:
    cm:ホームページ作成サービス「グーペ」を使うと。。。
    no title

    4 名無しさん@恐縮です 2018/05/15(火)
    ID:+5eBMsVn0.net

    >>1
    大馬鹿な子なのね
    25 名無しさん@恐縮です 2018/05/15(火)
    ID:wwdlBm1N0.net

    >>1
    蜷川の撮られてるの意識してる顔が気持ち悪い
    28 名無しさん@恐縮です 2018/05/15(火)
    ID:qpnHSElW0.net

    >>1
    蜷川組で観たい。
    【【映画】藤原竜也×蜷川実花、初タッグ 平山夢明原作「ダイナー」映像化不可能と言われた小説を実写化 】の続きを読む

    このページのトップヘ